歌の仕事をしているので、よく結婚式や、イベント、施設で歌うことがしばしばありますが、その中で一番人々の心に届いていると実感する場は、死と向き合ってる方々の集まりです。

沖縄のオリーブ病院のホスピス病棟や、先月参加した召天式でも、言葉で表せない神様の深い臨在がありました。そこでは賛美を通して人々の心に働いておられる聖霊の働きが肌で感じられるほどでした。

死を前にして、人は生きることの重みを考えさせられるのではと思います。

今回の召天式ですが、以前、アトモストステーション・ラジオにもゲストとして来ていただいた向井三重子さんの旦那様が亡くなられたので、そこでの奉仕でした。 私は賛美をしており、撮影ができなかったのですが、三重子さんや親族の方が携帯で撮られた映像がありましたので、三重子さんを励ますために映像を制作して見ました。

画質も、音声もあまりよくありませんが、その内容は涙するものがありますので、本人の許可を得て、ここでその恵みの一部をシェアさせていただきます。

* 向井三重子さんの祈り *

ハレルヤ! 天のお父様、

あなたは本当に 生きて働かれるお方。そして私達を愛して下さる唯一の神。

これからも、あなたを愛し、あなたの為に生きて行きたいと思います。

しばらくは、主人と会えない寂しさ悲しみ、辛さも ありますが、、

何よりあなたが私を支えて下さる事を信じてますので

これからも、ずっとずっと、私の行く道を、導いて下さい。

心より感謝して

尊き主イエス・キリストの御名を通してお祈り致します。

ハーベスト・タイム_2010年4月号(向井三重子さんの息子さんの事故に関して)

アトモスト・ステーション(向井三重子さんの詩篇103_息子をなくして)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *