心の病と信仰

2020年3月17日

こんばんは!
久々の投稿しです。

実は去年の終わりから以前治ったはずの心の病気が再発していることに気がつきました。深刻なうつ状態ではありませんでしたが、感情のコントロールが自分で出来なくなりつつあって、snsを見ることや、人前に立つ仕事はかなり負担になっていました。

しかし、専門医の治療を受けながら、毎日スパーヘルシーなご飯を作ってくれて、笑わせてくれる妻のお陰様で順調に回復しています。それにコロナの影響で1ヶ月ほとんど仕事がなくなってしまったことは逆にゆっくり休める良いタイミングとなったので個人的には良かったです。

休みの間、自分の仕事はほとんど出来なかったですが、妻が始めたyoutubeでの活動は気軽く手伝えたので、頑張らないようにがんばりながら録画や編集をしました。もし良ければ、彼女のチャンネルをごらんくださり、登録もしてください。

Airi Suzuki Fit Life

それともう一つ出来たのがラジオの収録でした。実は心の病気に関して公に話すことはとても気が重いことでした。なぜなら、この病気に関して偏見を抱いている人たちからの一言だったり、特にクリスチャンであるが故に信仰との結びつけられて嫌な思いを何度かしたからです。

しかし、前回のゲスト市原康さんの配偶者である市原よしみさんも似ているような経験をしていたので、この病と信仰をどう考えたらいいのか正直に話して見たかっです。もし、同じような所を通られている方々やその家族がいらっしゃるなら一度聞いて見てください。今回の配信は明日の朝10時からで、いつもは毎月第1、3水曜日午前10時からしています。

#心の病と信仰

2 thoughts on “心の病と信仰”

  1. 初めての投稿
    カンさんが病気とは知りませんでした。確かに偏見はあります。自身も偏見を抱いていると言えましょう。なぜなら、その病名を聞くとどう接したら良いのか分からないからです。また、悪気なく励ましたつもりが実は更に悪化させていたとか、それが怖いので、関わらない方が、、と思うのです。でも、カンさんの歌で私は励まされました。なんでしょう?弱さの中に働く神様ですね。

    1. ありがとうございます。厄介な病気ではありますが、それでも神様の恵みは十分いただいていることに感謝しています。確かに弱さの中に神様の力は発揮しますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *